HOME > 正林寺

正林寺

正林寺です

高浜市呉竹町2-1-5にある、東海山正林寺。浄土真宗大谷派の寺院で、お寺の始まりである開基は約500年前の室町時代にまで遡る。現在の住職は第19代。副住職や坊守(ぼうもり;住職の妻)や、地元の門徒さん方とともに「下(しも;部落分けの名称)のお寺」として長い間親しまれてきた。今年は、本山(京都の東本願寺)において、50年に一度の親鸞聖人の750回御遠忌(ごえんき)という特別な法要が、3月、4月、5月の19日~28日に行われる。挟まれた間の期間も讃仰期間といって、さまざまな催し物が開催されている。京都駅から歩いて10分程度なので、是非みなさんご参詣いただきたいとのこと。

正林寺。決して少林寺ではない(拳法の)。正しくは東海山正林寺という。浄土真宗大谷派のお寺。太平洋戦争のため、兵器などの金属資材として、鐘を国家に供出し、建物である鐘楼堂も三河地震によって倒壊し、現在石垣を残すのみである。しかし最近、ようやく復興の計画が立ち上がり、来年末には67年ぶりに除夜の鐘を聴くことができるかもしれない。

★Special Thanks★

LINKS

検索